青空・夕焼け・夜空のフリー素材

2015年8月21日 / Photoshopテクニック, 同人誌で使えるフリー素材, 同人誌をデザインする


漫画背景に、イラストに、困ったときに頼りになる空のフリー素材を集めました。
写真から、イラスト素材にPhotoShopで加工する方法も紹介。
ページ下部でPhotoshop加工で作成したフリー素材も配布しています。

夜空

雲ブラシ・素材

写真からイラスト調に加工する

Photoshopなどフィルタ機能のある画像加工ソフトを使用して、風景写真からイラスト調の素材を作成します。
作成した素材をダウンロードしてみたい方はこちらから(青空・夕暮れ・夜計22枚)。※約4.5MB、zipファイル
テイストはこんな感じ(厚塗り風)に加工します(クリックで拡大)。
sky06

sky07

  1. 著作権フリーの加工可能な写真を用意する。
    多少のブレ、画像の荒れなどがあっても大丈夫です。
  2. 画像を開き、レイヤー名を「元画像」に変更。(わかりやすくするため)
    色調やコントラストが気になる場合は調整。ちょっと明るめに補正しておくのがコツ。全体を明るくする場合はトーンカーブを上に曲がるアーチ型にします。調整が終わったらいったん「表示レイヤーを統合します」
    sky01
  3. 「元画像」をコピーしておきます。
    sky03
    「元画像コピー」にフィルタ>ぼかし>ガウスで加工します。ブレや荒れを飛ばします。
    sky02
  4. 3のレイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」。サムネイルの右下にマークが出ます。スマートオブジェクトにしておくとフィルタのかけ具合をマスクで調整できるので便利です。
    ※バージョンによってスマートオブジェクト変換がない場合は、スキップしてOK
    sky08
  5. 3の画像を更にコピーし、フィルタ>カットアウトを選択。
    sky04
  6. 3の画像を更にコピーし、フィルタ>ドライブラシを選択。
    sky05
  7. 6までの加工を終えた状態です。
    sky06
  8. カットアウトフィルタをかけたレイヤーを10~20%の不透明度、ドライブラシフィルタをかけたレイヤーを40~50%の不透明度にする(透明度はお好みで調節してください)
  9. グラデーションに段差が出てしまう場合は、フィルタにマスクをかける。赤枠の白いキャンパスをクリックして、ブラシなどで黒く塗りつぶします。※4.でフィルタマスクがかけられなかった場合は、レイヤーマスクで代用可能です。(レイヤー>レーヤーマスク>すべての領域を表示。あとはマスクを黒で塗りつぶします。)
    sky08

    sky09

  10. ハイライトなどを描きこんで完成。自分で雲や背景を書き足すとフィルタっぽさがなくなっていい感じになると思います。

今回この方法で作成した画像をダウンロードできます(全22枚JPG、RBG)
ダウンロードはこちらから。
▼一部
sky09
▼一覧
sky10


おすすめ記事

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

BOOTHショップ

SNS

twitterID:@dotsuku

スポンサーリンク




お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

TOPへ戻る