フリーソフトで簡単に小説同人誌をつくる

2016年4月10日 / イベントに参加する, コピーで同人誌を作る, 同人誌の販促, 小説の同人誌を作る


フリーソフトで簡単に小説同人誌をつくる

小説の同人誌はワードがあれば制作は簡単にできます。コピー本なら気軽に作れるので、イベントに出てみたい方にはおすすめです。
ただ、パソコンにワードなどのオフィス系ソフトが入っていない、という方も多いかもしれません。
かと言ってテキストデータを冊子上の印刷物にまとめるのは大変です。
oo20
今、ワードなどのオフィス系ソフトと同じようなフリーソフトApache OpenOffice(以下オープンオフィス)が出ていますのでそちらを使ってみるのも一つの方法かも。文章編集(段組み、書式設定など)についてはワードとほぼ同じことができます。
※Apache OpenOfficeはこちらからダウンロードしてください。

オープンオフィスの使い方

項目ごとにまとめてみました。使い方がわからない時はこちらを参考にしてみてください。
また、字詰や行間、紙面上の書式についてはpixivにまとめられていますので参考にどうぞ。

  1. オープンオフィスで新規ファイルを作成
  2. 段組みを作成する
  3. 書式を設定する
  4. 書式を設定する
  5. ページ数を挿入する
  6. ヘッダーを挿入する
  7. 余白の変更
  8. 最終データのダウンロード
  9. 参考:読みやすい行数、文字の大きさについて
  10. 参考:本文向けの書体について

オープンオフィスで新規ファイルを作成

今回はA5の本を作成します。
新規ファイルを開きます。
oo20
メニューバーの「書式」から「ページ」を選択します。
oo21
用紙をA5、文字の方向を右から左(縦書き)に変更します。
oo22
※クリックで拡大

段組みを作成する

次に段組みを設定します。A5サイズでよくみられる2段組を作成します。
(1段の場合はこの項目はスキップしていただいて構いません)
メニューバーの「書式」から「段組み」を選択します。
oo31
段落ウィンドウが開きます。
oo19
列数の図から左から2番目を選択します。
(イラストは横書きになっていますが、縦書きの設定になっているので問題ありません)
次に幅と間隔を設定します。ここでいう幅は(縦書き設定になっているので)一段の高さです。
増やすと当然1行の文字数が増えます。
間隔は段と段の隙間のサイズです。ここではいったん1cmとします。
余白も2cmとしておきます。(後程変更可能です)

書式を設定する(1)

続いてフォントの設定を行います。
メニューバーの「書式」から「文字」を選択します。
oo24
設定は以下の通りです。
oo18
一般的なWindowsにインストールされているMS P明朝を使用します。
MS明朝は文章だと文字と文字の隙間が空いてしまうこともあるので、P明朝をおススメします。
ここでは8ptを設定します。(後で調整可能です)
8~9pt程度の大きさが読みやすいでしょう。
この段階で文章を流し込むとこのような状態になります。※文章は青空文庫より「羅生門」
oo17
よく見ると文章の最初の文字が全てつまっています。
oo16
次で文章の体裁を整えます。

書式を設定する(2)

行頭が一文字下る設定をします。
メニューバーの「書式」から「段落」を選択します。
oo23
最初の行に8pt(フォント1文字の大きさを指定)と入力。※単位も入力
(自動的にcmに変換されます)
oo15
全ての文章の行頭が一文字分下がりました。
oo14

行間を調整します。
「段落」の中から「インデントと行間隔」を選択します。
oo25
行間は1.5~2が一般的に読みやすいとされています。今回は1.5にします。
oo26

ページ数を挿入する

印刷間違いを防ぐためにも必ずページ数(ノンブル)を入れましょう。
(印刷所で印刷する場合も必ず入れます)
ここでは表紙と表2(表紙の裏側)をページ数に数え、3ページから本文が始まるようにページ数を設定してみます。
メニューバーの「書式」から「スタイルと書式設定」を選択します。
oo09
区切りの挿入にチェックを入れます。種類をページにし、ページ番号に3を入力します。
oo08
続いて、メニューバーの「書式」から「ページ」を選択します。
ページウィンドウ内の、フッターを選択します。
フッターを入れるにチェックをいれます。
oo07
フッターを選択し、「挿入」から「フィールド」、「ページ番号」を選択します。
oo03
本文と比較して、大きすぎるので、フォントサイズを変え、センターぞろえにします。
挿入されたページ番号の書式を変更すると全ページに反映されます。
oo04

ヘッダーを挿入する

複数の作品を同時に本に収める場合、何の作品か一目でわかるようにヘッダーを作成しても良いでしょう。
メニューバーの「書式」から「ページ」を選択します。
oo21
ページウィンドウ内の、ヘッダーを選択します。
oo13
ヘッダーを作成にチェックを入れます。下の詳細ボタンから、装飾をつけることも可能です。
今回、上下にラインを入れ、左右のページで書式を変更してみます。
oo12
OKを押して画面に戻ると、ヘッダーが追加されています。ここにタイトルなどを打ち込みます。
先ほどの設定で左右のページの書式を変えることが出来ますので、奇数ページを左寄せ、偶数ページを右寄せに設定します。
oo10

余白の変更

oo27
この状態でいったん完成とします。
余白を広めにとっていますが、もう少し本文の分量を増やしたい場合は、余白を変更します。
メニューバーの「書式」から「ページ」を選択します。
ページウィンドウ内の、ページを選択します。
現状2cmになっている余白を変更します。
oo01
余白をやや狭い状態(1.27cm)に修正した状態がこちら。
oo02

最終データのダウンロード

最終データのダウンロードはこちらから。
文字数に合わせて自由に変更可能です。

参考:読みやすい行数、文字の大きさについて

A5サイズ等の文字組サンプルはpixivに記事がありますので参考にしてみてください。

参考:本文向けの書体について

以前の記事で本文向けの書体についてまとめています。
こちらも合わせてどうぞ!

【MS明朝】左側はA5に8.5ポイントの文字を流し込んでみたイメージ(21行×2段)。※以降同じ

【MS明朝】左側はA5に8.5ポイントの文字を流し込んでみたイメージ(21行×2段)。※以降同じ

amazon link


おすすめ記事

タグ: , , ,

スポンサーリンク

BOOTHショップ

SNS

twitterID:@dotsuku

スポンサーリンク




お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

TOPへ戻る