表紙デザインのアイデア集3

2018年1月20日 / コピーで同人誌を作る, 同人誌をデザインする, 小説の同人誌を作る, 漫画の同人誌を作る


同人活動を続けていると、必ずやってくる表紙のマンネリ化…。その理由は、入稿に追われて時間がなかったり、いいアイデアが思いつかなかったり、その前に中身(本文)が出来てない、など色々あると思います。
でもせっかく作るなら、納得のいく表紙に仕上げたいですよね。
今回はそのピンチを助ける表紙のアイデアを紹介します!『表紙デザインのアイデア集』の第3弾です!
表紙がいい感じにできれば、イベント会場やSNSの告知でも注目を集めるかも!?
この企画ですが、これまで好評いただいていた内容で、いくつか過去ログにもありますのでこちらもぜひご参考ください!



タイトルとキャラクターをダイナミックに

とにかくインパクトを出したい時の構成です。キャラクターの上半身がほとんどの面積を占めるので視線を集めつつ、背景をショートカットできる効果(?)も。タイトルは左右に逃しつつも、キャラクターに負けない強さも必要です。タイトルにも配色や装飾にも一工夫入れてもいいかも。

作成のポイント

  • キャラクターの上半身や全身をダイナミックに配置
  • 顔が大きく配置されるので視線は正面に
  • キャラクターに負けないようにタイトルははっきり大きく
  • タイトルはなるべく顔面に被らないように配置

タイトルをセンターに

センターに配置すると、タイトルに目が行きます。紙面が縦長なので、明朝系のフォントの方が無難に綺麗に収まるかも。(ゴシックの細身もおしゃれに仕上がると思います)画面が良くも悪くもに分割されてしまうので、キャラクター二人を対称的に配置すると関係性や物語が伝わる構図に。

作成のポイント

  • タイトルを左右中央に
  • 作者などの情報は左右に逃がしても良い
  • キャラクターにタイトルが被ることを前提に配色を工夫

タイトルに枠をつける

キャラクターのインパクトや、書き込んだ背景にはこちらのデザインがおすすめ。どんな背景にも(大体は)うまくはまります。ただし、枠とタイトル文字のコントラストを出して、はっきり文字が読み取れるようにしましょう。

作成のポイント

  • キャラクターのアップや複雑な背景でも成り立つ
  • タイトルの枠背景と、タイトルがはっきり見える配色にする
  • テープや紙をちぎったようなアナログっぽいデザイン枠も〇

タイトルデザイン

こちらはタイトルロゴを中心に展開するデザイン。シリーズものや、アンソロ企画に向いているかもしれません。タイトルもデザインが綺麗なものから、手書きまで様々応用ができます。キャラクターは背景と被る場合は文字が読みやすいようにタイトルロゴの色や、背景にも気を付けて。

作成のポイント

  • タイトルロゴを中心に考えていく
  • タイトルが大きく配置されるので、読みやすさに気を付けて
  • タイトルはデザインされたものでも手書きでもOK

タイトルがななめ

一気に動きが出る構図です。動きが出るように、タイトルは大きめに配置します。タイトルの補足情報もあわせて斜めにすると統一感が出ます。さらにダイナミックにしたい場合は、背景も斜めにすると全体に動きが出ます。

作成のポイント

  • タイトルは大きめに配置
  • 作者の名前など補足情報もタイトルに合わせると統一感がでる
  • 背景も斜めにすると、さらにダイナミックに
  • タイトルは動きは出しつつもキャラクターの顔周辺には被せない

タテ横混合

最近商業誌で増えてきた?感のあるタテと横の混合デザインです。まずタテに画面を使うので、タイトルが大きく使えて、しかも横書きができるというメリットもあります。イベントなどの配置でも横置きもOKなので目立つのではないでしょうか。

作成のポイント

  • タイトルを大きく(長いタイトルも可)
  • 横長の背景を入れることができるので、構図も工夫
  • タイトルの縦横にかかわらず、大きさ、背景など読みやすく

ビビッドカラー

ベタ塗が大きく表紙を占めます。特色(蛍光色など)使うと、非常に目立ちます。構図や背景はシンプルにまとめて、背景色とタイトルを目立たせるようにします。

作成のポイント

  • 構図や背景はシンプルに
  • 鮮やかで目立つ色(差し色で少しでも)を入れるとよい
  • 背景の派手な色とタイトルの白・黒(グレー)は好相性

モノトーン

モノトーン(グレースケールかそれに近い色合い)で背景をまとめます。タイトルや一部に色を入れることによってぐっと引き立ちます。ダークなで静かな雰囲気を出したいときにはぴったりです。また、カラフルな表紙に囲まれると逆に目立ちます。

作成のポイント

  • 背景はなるべく色数を押さえる
  • タイトルなどに色を使うと文字が小さくても強さが出る
  • 背景やキャラクターにはあまり動きを出さない

amazon link


おすすめ記事

タグ: , , , ,

スポンサーリンク

BOOTHショップ

SNS

twitterID:@dotsuku

amazon link

スポンサーリンク




お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文(必須)

TOPへ戻る