書き方

小説の同人誌を作る

「深くておいしい小説の書き方」

基礎編では「誰でも小説が書ける」ということがテーマで、上級編は「誰でも書けるような小説を書いていてもしょうがない」から始まるレベルアップの本です。
小説の同人誌を作る

二次創作(小説)の書き方

今回は中身(小説本文)の作り方についてまとめます。主にネタ出し方法などを紹介します。 小説と書いていますが、ネタ出しやストーリー検討は多分漫画でも活用できると思います。
小説の同人誌を作る

「ボーイズラブ小説の書き方」

(オリジナルの)ボーイズラブ小説を書くための基礎知識は書かれていると思います。ですが、この本はどちかというとボーイズラブ小説の素晴らしさを語る・編集部として理想の作品とはという講釈にウェイトがある本です。
小説の同人誌を作る

「ライトノベルを書きたい人の本」

レビューを見る限り、新しい方と内容も大きく変ってないことと、2008年版がたまたま手に入ったので2008年度版をまとめておきます。
同人活動に役立つアイテム

キャラクター設定表をつくる

キャラクターの創作に使われる手法です。キャラクターの内面や環境を一覧に書き出した表です。二次創作においても役立ちます。ネタ(お話)作りのヒントとしては使えるヤツです。
小説の同人誌を作る

「伝える・揺さぶる!文章を書く」

この本は小説を書く、というよりも人を動かす(説得する)というところに重点がある内容になっています。自分の意見(考え)を時には発見し、まとめ、論点を決め、表現するそのステップが段階的に理解できる構成です
小説の同人誌を作る

「簡単だけど、だれも教えてくれない 77のテクニック 文章力の基本」

はじめに、で書かれていますがこの本は小説を書くというよりも、ビジネス現場で文章を書くことを主軸にしています。ただ、抜粋にあるように「相手の理解と共感を得る」ことは小説であっても同じです。タイトルにあるようにテクニック集ですが、文章の完成度を上げるにはぴったりだと思います。
小説の同人誌を作る

「1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド」

目次をみると、7日間に分けて課題が書いてあります。入門編から始まり次第に応用という感じでしょうか。ちなみに2週間で小説を書くという本もありましたが、期間が圧縮された分1日でやることはかなりのボリュームがあります。
小説の同人誌を作る

「誰も教えてくれない 人を動かす文章術」

「人を動かす」とか「言葉の力」とかちょっとスピリチュアル系……?と思ってたんですが全然内容は違いました。もっと現実的な文章の書き方が学べます。
小説の同人誌を作る

「2週間で小説を書く!」

実際のところ2週間でひとつの作品を書き上げる!というものではなく、『書くためのノウハウや心得』を習得する本です。小説創作の基礎体力を養う第1章、内容の吟味と洗練を目指す第2章、作家として世に出る道を探す第3章からなっています。
タイトルとURLをコピーしました