二次創作で小説を書こう!書き方基礎編

スポンサーリンク

二次創作で小説をおすすめする理由

初心者におすすめの同人活動は小説の創作です。
新しいソフトも不要で、テキストエディタさえあれば作品ができてしまうという手軽さと、文章を書くということは馴染みのある表現方法だからです。学生生活の中で一度も文章を書いたことがない、と言う人は珍しいでしょう。
Web公開ならpixivやプライベッターのフォームにテキストをコピペするだけ。
アップロードも画像のようにファイル形式を気にする必要もありません。
またすでに小説創作で活動されている方も多いと思います。
一生懸命書いたけど、それほどブックマックやいいねがされなくて、伸び悩んでいる人も多いのでは?
もしかすると、伝えたかったことが読者の方にうまく伝わらなかったのかもしれません。

ここでは小説を書く時の基本的な知識を紹介します。
同人誌デビューやこれからの小説創作に役立ててみてください。

ストーリーをどんな風に表現する?

冒頭ではストーリーを構成する基本的なステップを紹介しています。
この7つをベースにすれば少なくとも流れ自体が破綻したりすることはありません。

  1. むかしむかし
  2. 毎日
  3. ある日
  4. そうして
  5. そうして
  6. そしてついに
  7. 以来ずっと

▼詳しくは下記記事で紹介しています。

▼二次創作にはこちらの記事もオススメです。

一人称と三人称

一人称、三人称で語る手法は小説の中でよく読まれている書き方です。

手元にある小説を開いてみてください。たいていはどちらかの手法で書かれていると思います。

  • 一人称
    例:私は、朝寝坊して、大事な会議に遅刻した。
  • 三人称
    例:彼は、朝寝坊して、大事な会議に遅刻した。

これは、主語が誰か、というところに注目すればすぐにわかると思います。
「私(一人称)」か「彼(三人称)」かすぐにわかりますね。
つまり人称とは、誰が語っているかということです。
ちなみに、一人称は読者が主人公の視点で読むため感情移入しやすいです。舞台設定を細かく説明せずに世界観に入っていくことができます。反対に、オリジナルの世界観や複雑な設定を読者に理解してもらいたいときは三人称の方が伝わりやすいです。
もちろん厳密なルールはありませんので、色々変えてみても良いかと思います。

視点

人称は誰が語っているかですが、小説を書く上でもう一点、『視点』というものがあります。
これを意識すると、内容がぐっと読者に伝わりやすくなります。
逆に言うと、この視点がうまく整理されていないと読者にが混乱して感情移入しづらくなる可能性があります。
一生懸命書いたけど、いまいちブックマークやいいねがつかないな、と言う時は、一度見直してみてください。ここを整理できるようになると、とても伝わりやすい小説になります。

下記3種類がよく使われます。

  • 語り手視点
  • 神様の視点
  • 読者の視点

語り手視点 とは

これは、書き手の視点です。
一人称とセットになるととても分かりやすいです。

  • 語り手視点+一人称
    例:私は朝から憂鬱だった。今日は大きなプレゼンがあるからだ。

「私(一人称)」のすぐそばに、視点(カメラのようなもの)があり、感情や様子をつぶさに伝えることができます。画面イメージとしては、自分視点のFPSゲームなどを思い浮かべてください。
ちなみに三人称でも違和感なく使えます。

  • 語り手視点+三人称
    例:佐藤は朝から憂鬱だった。今日は大きなプレゼンがあるからだ。

この佐藤は、小説の中での主人公ですね。
「三人称」と「語り手視点」をセットで使う場合、「語り手視点」をあちこち移動させると伝わりづらくなります。つまり、他に山田や黒田などのキャラクターがいた場合、(台詞以外の)地の分で他の人の心情を語りだすと誰の視点でストーリーを伝えようとしているのかわからなくなります。

  • 読者の視点+三人称(佐藤が主人公の場合)
    例:×山田は朝から憂鬱だった。今日は大きなプレゼンがあるからだ。
    例:〇山田は朝から憂鬱そうに見えた。今日は大きなプレゼンがあるからだ。

上の場合、佐藤から見て山田の心の中はわからないはずなのに、「憂鬱だ」と言っています
下の場合は主人公(佐藤から見てどう見えるか)の視点で語っています。

創造主の視点とは

創造主(=つまり神)は全員の心情を理解しています。例えば、漫画でよく見られる『モノローグ』もその表現の一つです。
それぞれのキャラクターの心の中の動きを描写します。
漫画の場合、誰のモノローグかは同じコマに書かれているなどでパッと見て理解しやすいですね。
ただし、小説で表現すると色んなキャラクターの心情が入り乱れるので、伝えるのが難しいかもしれません。
この場合は、例えば章などを分けて、それぞれのキャラクターが主人公としてふるまえるようにお膳立てすると理解しやすくなります

読者の視点

誰の心情もわかりません。
これはテレビドラマや映画を見ている感覚に近くなります。
心情はわからないけれど、表情やキャラクターの演技で感情を伝えることができます。
最も描写や構成力が問われる視点かもしれません。

最後に

二次創作は舞台設定ができているので、キャラクターをどうやって動かして、どういう心情を伝えるかができれば小説は成立します。

長い話を書く場合、起承転結やプロットを立ててみると整理しやすいですが、初心者へのおすすめは800~3,000字程度のワンシーンをいくつか書いてみるのことです。

もちろん自分が書きたいシーンで構いません。

いくつか書いていると視点の整理はそれほど難しいことではないとわかってくると思います。

視点がぶれてる時は、作者の視点もぶれているので、自分の小説見直すきっかけになるかもしれません。

同人小説は熱い創作なので、皆さんもトライしてみてください。
その一端が垣間見れる漫画を紹介しておきます。

タイトルとURLをコピーしました